スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギターレッスン 

カテゴリ:ギター

前回、ハナレグミの曲のコードの弾き方がわからないと話しましたが、実は"スライド"ではなく、"プリング・オフ"という左指で引っ掻くように鳴らす弾き方であることが判明した。
昨夜、ギターレッスンのついでにスコアを持っていって先生に聞いたら「スライドじゃなくこれはプリングオフだよ」とあっさり言われてしまいました。
コードをよく見るとプリングオフの"P"の文字。
やばいやばい、楽譜をちゃんと見てないのがバレバレだ。
ちょっと赤っ恥かきつつ、先生におねだりしてハナレグミの曲を少し弾いてもらった。
やっぱり先生をやっているだけさすがにうまい。
なんでこんなになめらかに聞こえるんだろう。いつかそんな風に弾けるのだろうか。

さて、昨夜のレッスンはビートルズの"InMyLife"という曲をやった。
ジャンジャカジャンジャンジャンとストロークで弾く、ゆっくりめの軽快なリズムで楽しくなっちゃう曲です。

しかし、ビートルズはすごい。
約40年以上経っているのに時代を感じさせない。いつの時代にもしっくりと馴染んでいて、まるでニューミュージックのような感覚。
ビートルズの曲をレッスンで網羅できたらいいな。

昨夜は先生に何気なく聞いてみた「CDとか出してるんですか?」
そしたら先生ここぞとばかりにバッグから包装してあるCDを取り出した。
買って欲しいといわんばかりの即座の対応。
そして曲は全7曲。¥2500。たけぇー!?
「貸してください」と言ったら、「貸すのはちょっと~」モジモジしながら先生は言った。
いやいやいやいやいや、いくらなんでも先生のCDだとしても¥2500も出して7曲しか入っていない、視聴もしていないCDを買うかってんだ。
とりあえず、別に持っていたCDの1曲目を教室で聴かせてくれた。
曲が終わって「へぇー。すごいですね」と言ったものの、どうも私の好みの音楽ではなかった。
興味なさげなコメントをしてしまった。
とりあえずそこでは購入を免れたが、帰る途中、義理でも買ってあげたほうがよかったかな・・・と反省したが、それは先送りということで(笑)

でも、すごいのは、その7曲中1曲は地元のあるテレビ番組の挿入歌で使われているそうだ。
さすがYAMAHAの先生。ちょっと誇らしいですね。
そんな先生に教えてもらえるんだから、本気でがんばろ。

楽しいレッスンは来週も続きます。
多くの生徒はマイギターを抱えて教室に来るのだけど、私はまだ持っていったことがない。
毎回教室のギターを拝借しているんだけど、やっぱり自分のギターに慣れているせいか、弾きづらい。
今度から、マイギターを抱えていこうかと思っとります!
そして超プロ級になったら絶対2台目のギターは"Yairi(ヤイリ)"を買うと決めている。

http://www.yairi.co.jp/home.html

スポンサーサイト

指が痛い o(><)o 

カテゴリ:ギター

今日は腹痛のため一日家の中で過ごした。
こんな日はギターをひたすら弾くのにもってこい。
指の痛みで腹痛を紛らしてくれるから。
今、練習に励んでいるのは"ハナレグミ"です。

ハナレグミご存知ですか?

中でも、"家族の風景""サヨナラCOLOR"は結構カバーしてる人いるんじゃないかな。
少なくともYOUTUBEで調べるとかなりいる。

この"サヨナラCOLOR"を一日弾きまくったおかげで指がジンジン傷む。
が!!練習した甲斐があって、この曲弾けるようになりました♪
ただし、"でも~♪きみはそれでいいの~~♪"の部分に入る出だしのところのギターの技法:弦を滑らせて音を出す"スライド"(またはグリッサンドとも言うのかな?)するところがいまいちな仕上がりでここんとこはもっと練習が必要だわ。

しかし、自分、ギター随分弾けるようになってきた。と自画自賛している。
まだ指使いがいまいちだが、昔はがむしゃらにただ弾いていただけだったが、最近弾きながらコードチェンジのときの指の動きとか研究するようになった。そんなところも、ほめるべきところだ(^^)
ギターが上手くなるコツ。それは自分の指の動きをチェックすると結構上達することがわかった。
まだまだ理想の弾き方になるまでは時間がかかりそうだけど、練習おもしろかったりするんだよね。どんどん弾けるようになるのがたまらないです。

弾けるようになってくると、欲が出てきて、人前で弾きたいなと思ってしまう。
人に聴いてもらって心地良いと思ってもらえるような音楽をやりたいな。
ギターは歳関係ないからどんなに時間かかってもいい。いつかステージに立つ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。